口腔外科・インプラント

口腔外科

親知らずの抜歯

口腔外科とは

親知らずとは、お口の一番奥に生える上下合わせて4本の永久歯です。

親知らずは永久歯が全部生えそろってから出てくるので、歯を支える骨格が小さくなっている現代人の場合はトラブルの原因となりがちです。親知らずが生えるスペースがなく歯の列から外れたところから生えてきたり、斜めや横向きに生えたりするケースが多く見られ、場合によっては抜歯が必要となることもあります。

抜歯の際はCTを使用し、神経の位置や生え方・根の曲がり方などを立体的に把握して、確実な手術を行います。

難症例の場合は、専門の口腔外科をご紹介しますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。インプラントを顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作ります。

インプラント埋入のための手術が必要になりますので、治療期間も長くなりますが、入れ歯に比べ自分の歯のように違和感なく噛め、天然歯と同じような生活を送ることができます。見た目も自然で審美性にも優れています。

治療のメリットデメリット

メリット

入れ歯の場合は隣の歯や歯ぐきで人工歯を支えます。インプラントの場合は、顎の骨としっかり結合した人工歯根が支えとなり、安定感に優れます。隣の歯に留め金を掛けて固定したり、自分の歯を削ることもないので、健康な歯に負担をかけることもありません。

デメリット

インプラントには外科手術が必要になるので患者さんの肉体的・精神的負担が大きくなります。また治療期間が長くなり、治療費も高額になります。

お口の状況によってはご希望に沿えず、入れ歯などのご提案を行うことがあります。

当院で使用しているインプラント

ストローマンのインプラント

シェアナンバーワンで信頼性が高い、ストローマン社製のインプラントを使用しています。骨への適合性に優れ、またインプラント体が比較的小さいため、日本人の顎に合いやすいインプラントです。

また定期的なメインテナンスを行っている場合、インプラント周囲炎発症率がとても低いという臨床データがある点も、ストローマン社製インプラントを採用している理由です。

治療の流れ

1.カウンセリング~治療計画

歯を失った理由やお口の状態には個人差があります。

患者さんお一人おひとりに丁寧なカウンセリングを行ったあと、対象部位を撮影し、診査・診断を行います。
結果を分かりやすくご説明しながら、患者さんにとって無理のない治療計画を立ててまいります。

CT画像

2.インプラント埋入手術

歯を失ったところへインプラントを埋入し、歯肉を閉じます。

インプラントが顎の骨にしっかりと結合するまで、約3か月~6か月ほど待ちます。

インプラント埋入手術

3.人工歯の装着

顎の骨とインプラントが結合したらアバットメントを取り付けるために再び歯肉を切ります。

アバットメントに人工歯を装着し、インプラントの手術は終了となります。

人工歯の装着

自由診療

価格:一歯400,000円~(税込)

治療期間の目安:半年程度

  • インプラントは外科手術を行う必要があります。
  • 外科手術を行うため、神経麻痺や血管の損傷などの可能性はゼロではありません。
  • 健康状態によっては手術を受けられない場合があります。
  • インプラント周囲炎に罹患する可能性があります。

メインテナンスで健康なお口を維持しましょう

メインテナンスで健康なお口を維持しましょう

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱く、天然歯のような防御機能もありません。

歯周病菌に感染すると歯ぐきが腫れ、インプラント周囲炎をおこします。

症状が進行するとインプラントを支えている歯槽骨が下がり、インプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント治療後はご自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。

正しいホームケアを行うとともに、定期的なメインテナンスにお越しください。

予防治療の詳細はこちら

TEL:0475-36-2750

WEB
初診予約